« 2005年3月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年4月28日 (木)

独立記念日

今日(4/28)は日本の独立記念日ですね。
でも、学校で教わった記憶がありません。
カレンダーにも書いてあるのを見た事ありません。
恥ずかしながら25歳くらいまで知りませんでした。
戦争を美化・正当化するなどもってのほかですが、きちんと近代史を教えるのって大切だと思う。
臭い物に蓋をするというんじゃなくて、日本の主張、近隣諸国の主張を教えるべきじゃないかな。

最近「台湾人と日本精神」を読んだんですが、泣きました。

| | コメント (0)

2005年4月22日 (金)

のぞみのサービスコンセント

のぞみのサービスコンセント

700系(?)のぞみには乗客が使えるコンセントがついてる!
上越新幹線にも付けてくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年4月 2日 (土)

電子証明書のブランドに意味はあるか?

ココログを"S/MIME"で検索したら今さらS/MIME非対応だなんてという記事がヒットしました。この方はVerisignの証明書を購入されている(ベリサインのClass1デジタルIDをゲット)のですが、このなかで

やっぱり、認証局というのは、みんなが知ってるからこそ認証局なのだ。プラダの靴やグッチのバッグやロレックスの時計と同じ。電子署名なら何たってベリサインである。
とおっしゃっている。確かに証明書の発行機関を一つ挙げろと言われればまず間違いなくベリサインがトップだろうし、他の機関から発行されている証明書など胡散臭いと思う人もいるかもしれない。
しかし、メーラやブラウザからすれば組み込まれているルート証明機関から発行されていれば、使っている人が知っていようがいまいが関係なく全く同じレベルで信頼するし、ベリサインにしても有名なだけで、実際の設備や運用を把握したうえでベリサインなら信用できるなどと思っている人は皆無と思う。
大切なのは使っているソフトに標準で入っているルート証明書でサインされた証明書かどうかに尽きるわけで、S/MIMEで使える無料証明書でも書きましたが、個人で使うにはVerisignのブランド価値は殆ど無用だと思います。
まぁこの方の場合仕事でも使われる様なので、ブランド云々以前にCOMODOの無料証明書は使えないのですが…。

結論:個人で使う分にはVerisignのブランドは不要

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年11月 »